サッカーの日本人選手がヨーロッパで活躍できない理由

日本人選手

日本サッカー界はJリーグの発足で急激に変化が起きました。それまでできなかったワールドカップへの出場ができるようになり、近年では連続出場をしています。さらに強豪ヨーロッパのクラブチームに移籍する日本人選手も増えてきています。
しかし、必ずしもヨーロッパのリーグでトップ選手として活躍できているわけではありません。トップチームに入ったとしても出場機会がなくて移籍、さらに移籍先でも出場できずに日本のチームに戻る選手もいます。

ヨーロッパで通用しない理由としては体格の差があります。身長ではどうしてもヨーロッパやアフリカの選手などに負けてしまうからです。技術的な部分では、日本でそれなりの力が認められて声がかかる選手も多いです。
ですが、日本で優れていても、ヨーロッパの選手に比べると必ずしもトップ選手ではありません。ヨーロッパに移籍した後もさらに技術を磨かないと、優秀な選手の中に埋もれてしまいます。出場機会がないとアピールもできないため、そのまま契約解除されてしまうことになるでしょう。

コミュニケーション能力が足りないのも日本人が活躍できない理由とされています。サッカーは個々の技術も必要ですが、試合中だけでなく練習などでも選手間のコミュニケーションが必須です。まずは英語などでコミュニケーションができる能力を身に着け、そしてどんどん発言していく積極性も必要になるでしょう。言われたまま動いているだけでは使ってもらうのは難しいのが現実です。

サッカーの