サッカーにおけるDFの役割を知ろう

応援

サッカーにはDFと呼ばれるポジションがありますが、これはディフェンダーといって守備的な動きをこなす選手のことを言います。DFはさらにセンターバックとサイドバックという2種類に分かれ、それぞれ相手チームからゴールを守るのが主な役割です。単純な守備だけでなく、ゴール付近から攻撃陣にプレスの指示を出したり、他の選手へポジショニングの指示を出すなどしてチーム全体を動かす役割も担う中心的な役どころです。攻撃陣のように華があって目立つことは少ないですが、身体だけでなく頭を使って試合を作る非常に重要なポジションだと言えます。

また、DFは守備だけでなく攻撃に参加することもあります。主な役割はゴールを守ることですが、チャンスが来ると攻撃陣と一緒になって一気に相手ゴールへと駆け上がります。DFの攻撃参加を効果的に利用することで、相手の守備を乱す大きな武器にすることもできます。もちろんDFが攻撃に参加するとその人数だけチームの守備が薄くなってしまうため、大きなリスクも伴います。相手チームにボールを奪われる可能性が高いタイミングで攻撃に参加すると、あっという間にカウンターを受けて失点に繋がってしまうため、チャンスとリスクを正しく判断する目も必要になるでしょう。

サッカーの試合ではつい攻撃陣の動きにばかり目が行ってしまいがちですが、ゴールを守るDFの働きこそ最も重要なポイントだと言えます。DFの動きにも注目して観戦することで、違った角度で試合を楽しめるようになるでしょう。テレビではピンチの時でもなければDFの様子はあまり映されないため、DFが気になる場合は実際にスタジアムに行って観戦してみるとよりサッカーが面白くなります。